読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう試しましたか?最新!美容健康ニュース

最新の美容や健康ニュースからとっておきの情報を発信


スポンサードリンク

気に入っている髪のカラーを長持ちさせる方法♪


スポンサードリンク

せっかく美容院でカラーしてもらって、いい感じになったのに、もう色が落ちてない?

ホームカラーだといい色にならないし、色むらも結構あるからって、安くない費用だったのに。

そんな風に感じていませんか。

せっかく美容院で、あなたの髪質に合わせてキレイに染めてもらって、ケアまでしてもらっても*、その後のあなた自身のケアで髪の色の持ち具合は違いますよ。

*あなたの希望通りの色に仕上げてくれるだけでなく、カラーの後のケアまで含めて美容院を選んでくださいね。

基本は、髪の健康を維持すること。

髪が健康でないということは、キューティクルが痛んでいるということ。

キューティクルは、髪の表面をうろこのように覆っていて、外部からのダメージや、内部の栄養が流出しないようにガードしてくれてるものです。

ですから、このキューティクルが痛むと隙間ができて髪内部に浸透させたカラーが流出してしまうのです。

また、洗髪後なるべくはやく乾かせていますか?

髪は水にぬれると膨潤します。

膨潤する理由は水が中性PH7で、髪の健康な状態がPH5の弱酸性とか、小難しい理由もあるんだけど、要するに膨らんでキューティクル同士にすきまが出来ているの。

だから、なるべく早く乾かしてキューティクルを戻してあげる必要があります。

また、自然乾燥させるとキューティクルの向きがそろわないんで、これまた隙間ができるし、向きがそろわないことで髪の輝きもなくなってしまうから要注意。

しっかりとドライヤーで乾かしましょう。

ここでワンポイント!

ドライヤーはスカルプモードがあるものを使って。
髪をドライヤーでしっかり乾かす必要があるんですが、反面、髪は熱に弱くてすぐに痛んでしまうんです。

だから8割がた乾かしたら、温度の低い(60°程度)モードで、頭皮も含めてしっかりと乾かすのがGood

お気に入りのカラーで、キレイな髪を長持ちさせましょう!